ひとり鍼灸院に新卒鍼灸師が就職したら

鍼灸学校を卒業した人たちはどこへ向かうのでしょう。
鍼灸マ師の免許を取ったあとの進路ということです。

整骨院と訪問マッサージあたりが双璧でしょうか。
鍼灸を学びたい人は「鍼灸院」が就職先になりますか。
ただし、数はないでしょうからなかなか大変かもしれませんね。

国家試験を終えて就職先を見つけなきゃいけない時期ですよね。
頑張ってほしいです。

 

さて今回は、新卒鍼灸師が技術を学ぶためどうしたら良いか、という話ではありません。
「ひとり院長からみた新卒スタッフ雇用の話」を書こうと思います
(チェーン展開している店舗でなく、スタッフ雇用経験もない一院を想定。)

 

経営側は勤め人側とは明らかに違う目線です。

勤める方は「給料」「仕事内容」「勤務時間」「休日」「福利厚生」などを重視します。
「あなたの院の売上のために働いてあげるんだから、私にいっぱい有利なモノをちょうだいね」という感覚です
まぁ至極当たり前ですよね。

ただ、この当たり前感覚がじつはすでに違っています。
経営する方としては、それらは余裕があるから分け与えるのではなく、身を削って絞り出す血肉のような提供物なのです(まぁ、オイルマネーで潤った往年の産油国のような治療院もあるかもしれませんが…)。
投資のようなもので、先にマイナスを食らっておいて、後々にプラスを得る狙いがあります。
覚悟をもって出している感覚なのです。

ですので、不安は大きい。
本当にこの人はマイナスをプラス転換できるのだろうか?
プラスになるのはいつだろうか?
それまでマイナスをカバーし続けられるだろうか?
…そんなことを考えながら雇用しています。

 

雇用のための費用は結構厳しいことを、実際に経営例からみてみましょう。

月の売上100万円のひとり鍼灸院が初めてスタッフを雇用するとします。
月商100万って結構いい売上ですよね。
でも経費もそれなりにかかります。

●ひとり院の状態の経費は、家賃10万円・通信費光熱費3万円・治療道具代3万円・広告宣伝費5万円・諸費用4万円で25万円とします。
●税金もかかります。個人事業主の税金は所得税・事業税・消費税・住民税です。
とりあえずここでは18万円とします。
両方合わせて43万円。
●ここまでで残金57万円です。
これが丸々院長の収入…ではないのです。
今後の院運営のストック(貯蓄)も必要です。
10%程度(7万円)引いて、50万円が院長の収入になります。
●ちなみに額面50万円ですから、ここから国保や年金が引かれ、実際の手取りはさらに減ります。
「あれだけ働いて45万くらいしか手取りにならないんだよ、知ってる!?」と院長はきっと思っています。

そこにスタッフ雇用です。
その費用は、「ストック(貯蓄)から」と「院長の収入から」と「経費削減から」となります。
もう圧倒的に身を削っています。

一方、スタッフは新卒。
何もできないので全て教えていかねばなりません。
その時間・労力がかかります。
それらは売上を生まないどころか、院長の生産性を下げて行われるので、スタッフの賃金と併せ二重にマイナスなわけです。
スタッフの給与をなるべく低く抑えたくなる気持ちがわかるでしょうか?
できるだけ安く、早く、効率よく育ってほしいと思うわけです。
そして、そのマイナス分を将来、長期にわたって貢献してもらいたいわけです。

一方、勤める方としては「技術的なことを美味しく教えてもらいたい・学びたい」とか「でも治療以外の雑務はしたくない」とか、果ては「嫌なら辞めればいいし…」とか、思うわけです。
まぁ、当たり前の感覚だと思いますが、労使間のかい離がありますね(苦笑)

 

「院長の給料のためにいいように使われたくない」とか、「スタッフなんか使い捨て感覚だ」とか、「言われたことだけ最低限しておけばいい」とか、「俺がカネ払ってんだぞ」とか、そういう対立関係はイヤですね。

ギブアンドテイクです。
スタッフ個人の経験・スキルの向上が果たせる鍼灸院。
それが院の経営発展につながる好循環。
お互いの気持ちが大事ですね。

私はどうしても経営者目線に寄りがちですが、『院長もスタッフも共に鍼灸院全体の質を高めることにまい進した方が、結果的にスタッフは技術を学びやすいし、良い職場環境(給与など雇用条件)にもつながるし、院長としては早く売上がきちんと立つようになる』と考えます。

みんなで良い鍼灸院をつくれ、ってことですね。

いや、しかし、マネジメント(雇用~教育)はなかなか難しい問題ですね…(^^;)

プロフィール
この記事を書いた人
めしたけ

首都圏のベッドタウンで鍼灸院をやっています。
鍼灸師キャリアは約20年。
短期の繁盛(=成功)よりも、安定継続(=失敗しない)を目指しています。
3人の子育て中のシングルファーザーでもあります。
開業・経営・生活全般など、あれこれ書きます。

めしたけをフォローする
鍼灸師・鍼灸学生
スポンサーリンク
めしたけをフォローする
鍼灸院経営とひとり親生活のハナシ