技術至上主義のみが正しいのか?

鍼灸師・鍼灸学生

鍼灸は医療だから「良い施術が一番重要」だよね。

たしかに~。
でも「医療もサービス業だ」とも言うよね。

「算術より仁術」ってのもあるよね。
儲けよりキチンとした施術をすれば、結局は患者さんも集まるじゃないかな?
だからやっぱり、施術が一番重要だよ。

そうねえ。

スポンサーリンク

技術至上主義とは

鍼灸大好き

治療業界にかかわる方から、鍼灸師はどう見られているのでしょうか?

整体のコンサルタントからは「最近では少しずつ変化も見られるが…」と前置きしつつも「鍼灸師は偏屈で技術バカが多い」と見ているようです
技術的なことばかりにとらわれて、経営的な考えには耳をふさいでいる、と
直接的にそうは言わないですが、言外にそういう雰囲気のことを言います。

それはある意味正しい

鍼灸師になる人は、鍼灸や東洋医学という世界観が好きでこの道に進んだという人が少なくないので、鍼灸というモノ自体を強く信奉しているのです。

そして、鍼灸師であることに非常に誇りや満足感を持っているので、鍼灸道を究めることにのみフォーカスする傾向があります。
(『空手バカ一代』を模してなのか)良い意味を込めて『鍼灸バカ』とか言われますよね。

また、業界もそれを推奨する雰囲気を醸成しています。
これは一種の信仰のようなものです。

『鍼灸バカ至上主義』です(ここでは「技術至上主義」)。
とにかく鍼灸の腕を上げることに集中=本当に優れている人、のような信仰があるのです。
逆に言うと、鍼灸の腕を高める以外の事を熱心にする行為(たとえば他の手技とか経営とか)は、本筋から外れた邪道的行為ということです。
院運営に関しては、鍼灸をゴリゴリに追及して「スゴ腕を武器に繁盛院を目指す」という信条です。

求める鍼灸院の在り方

鍼灸院を運営するというのは、経営をするということです。
経営者のはしくれになるということです。
経営なんて言うと険悪な顔になり、「またそんな金儲けの話か」みたいになってしまう向きも同じ鍼灸師として分からなくもないです。

この辺は単純に『信条』の問題かと思います。
『価値観の多様性』とも言えます。

施術技術だ、経営だ、と言わずとも、鍼灸だけしていればいい訳じゃないことくらい分かっているのです
ただ以下のような落とし穴にはまっている人が少なくない気がします。
・自分の求めるモノをはっきり認識していない。
・自分の心に反するような価値観を追い求めて苦しんでいる。

技術中心で経営を忌避する人は、『鍼灸が90%でその他が10%』など極端に治療に比重が偏っている気がします。
治療メインにその他がおまけ、みたいな。

その考え方がかなり強固で、それ以外はあり得ないというようなかたくなさだとバランスを欠く気がします。
バランスの悪い体が不健康であるのと同様、バランスの悪い鍼灸院もまた不健康なのではないかと考えます。

「経営を意識した鍼灸院運営を考えたって、それは正常な行動です」と言いたいだけです
自分の求める治療院像に近づくためには、様々な手段やフレームワークを使う方がより確実に達成できるのではないでしょうか。
つまりは、「自分の求める治療院像」次第という事です
言い換えれば『何のために鍼灸院をしているのか?』です。

そこのところがはっきりしていないと、常に揺れるし・惑います。
完璧な答えに至らなくても常に自問自答すべき問いだと考えます。

私自身は、『患者さんに満足してもらって・また来たいと思ってもらいたい』『そういう循環を、自分自身の言動・鍼灸の技術・院の雰囲気などから総合的に生み出したい』『その結果、鍼灸院が安定継続して運営し続けられる』というのが鍼灸院をしていく目標・理想になっています

そのためにできることは何でも必要だし有益だと考えるのです。

毎度ですが、その答えに間違っているとかはないです。
技のため・哲学のため・収入のため・見栄のため…。
何でもよいのです、自分自身で至ったものであれば。
もちろんそれは変容していっても良いです。

そして、その答えの実現のために『誠実に努力する』ことは正しい行動だと思います

その人の思った通りの鍼灸院がどのような形であれ、その人が満足いくものであれば十分だと思います。
他人がとやかく言う筋はありません。

まとめ

鍼灸師は鍼灸だけを追求すべきなのでしょうか?
経営は邪道なのでしょうか?
鍼灸道を追求する道も、他の道も、何か正解があってどれかが間違っているという訳ではないと考えます。

たとえば、『鍼灸バカ』であり続けたいと強い信仰を持つ人であれば、生涯鍼灸バカでいいのです。
ようするに、自分で考えたすえに自分で決断すれば何でもいいのです。
だから、鍼灸治療のウデだけを追求する技術至上主義のような鍼灸院でもいいのです
どちらかと言うと、そういう考えに多くの人は憧れるし、「良いこと」とされる風潮はある気がします。

ただ、「技術至上主義」のような考え方ではない考え方を持っていて、それが「いけないこと」のように感じている人がいたらそうでもないとも言いたいです。

自分で選んだ末なのかどうかです

勤務鍼灸師の場合は別ですが、一般的な開業鍼灸師の場合は「鍼灸道を追求する」ことと「仕事をする」ことはまったく違うと考えます。
それを分かったうえで選択しているか、ということです。

そもそもこれらは目的が違うのです。

鍼灸の腕を高めるのは「治療効果を上げるため」です
それは「商品の質がよくなる」ということです。
たとえばパソコンという商品で言えば、計算速度が上がること・ソフトが増えること・記憶容量が増えること、などです。

「仕事」としての目的は「商品(鍼灸)を数多くのお客さん(患者さん)に知ってもらって使ってもらうこと」だし「その結果、いつまでも安定して鍼灸院を続けられること」です
パソコンで言えば、そのパソコンを多くの人に買ってもらうための実践、その結果としての売上、です。

もちろんこれも、こっちだけに傾注したら極端ですよね。
劣悪な品質の商品でも売れればそれでよし、というのではさみしいです。

そういう『経営(マーケティング)バカ』も、これまた至上主義的かと思います。

ともかく、「商品の質を高める」ことと「商品を多くの人に知ってもらって買ってもらうこと」は、別の次元のことなのです。

「腕がいいから繁盛する」というのも間違っています。
正確には「腕がよくて、繁盛もすることはある」という程度です。

満足いく治療を実践すること、と、鍼灸院を安定継続してやっていくこと、は違うので、両方の分野で努力しなきゃダメだと思うのです。とくに開業鍼灸師は。
経営難では廃業になっちゃうから…。

ここまで読んで、それでもやっぱり腕を高めた末に繁盛するような道を進んでいきたい、経営とかマーケティングとかそういうのは好きになれない、と思うならそれでいいのです。
本当に。
「奇蹟のリンゴ」の木村さんのように、我が道を行った先にミラクルを起こせるかもしれません。
自分の人生は自分自身で選ぶものだから。

私自身は、「鍼灸道」「仕事道」の両方をバランスよく向上させていきたいと考えています。
理由は、どちらの分野も興味深いからです
治療のウデも経営手法も、どちらも高めていくことで治療院運営が好循環するなら、それがいいじゃないか、と考えます
これもまた「自分らしさ」であり、きわめてまともな考えであると伝えたいです。

世間(といっても業界内だけ)の空気感に飲まれないようにしてください。

プロフィール
この記事を書いた人
めしたけ

首都圏のベッドタウンで鍼灸院をやっています。
鍼灸師キャリアは約20年。
短期の繁盛(=成功)よりも、安定継続(=失敗しない)を目指しています。
3人の子育て中のシングルファーザーでもあります。
開業・経営・生活全般など、あれこれ書きます。

めしたけをフォローする
鍼灸師・鍼灸学生鍼灸院経営
スポンサーリンク
めしたけをフォローする
鍼灸院経営とひとり親生活のハナシ

コメント