鍼灸院の最低限必要な売上

開業について
スポンサーリンク

いくら欲しい?

今度開業するんだってね!?

そうなんだよ!

どのくらいの収入が欲しい?

多ければ多いだけ欲しいなぁ!

ま、そうだよね~。

はい、こう聞かれたらあまり異論なきことでしょう。

ただし、多くの稼ぎを得ようと思えば思うほど、それにふさわしい努力やトライが必要になります。
事前の準備も大事になってきます。
治療技術だけでなく、経営的な勉強や実践や努力が必要です。
最初からそれらを準備できればいいのですが、普通はそこまで頭が回らないものではないかと思います。

また逆に、「そもそも鍼灸専門院って儲からない」とも言われて久しい業態です。
その中で、自分だけが経済的に成功できるという目処を持てるかというと不安だ、という気持ちもあるかもしれません。

収入は欲しいし、失敗は怖いし、経営についてはあまり分からない・・・。
それでどんな設定をしたらいいのでしょう??

最低限を設定しよう

目指すべきは、『細々食べていける鍼灸院』です。
これを最低限の基準に掲げるのです。
そうであれば、もう少し安心して、ゆるく始めて大丈夫です。

では、細々ってどのくらいでしょうか。

リアルに「低いけど生活していける収入」を考えると「手取り月収20万円」ではないでしょうか
額面年収360万円→手取り年収260万円(=手取り月収21万円)くらいを想定。

このくらいで細々食べていくというに相応しいですか?

給与が低いと言われる介護業界で年収350万円くらいと言われていますので、それに匹敵するくらいだと思います
介護職員には健康保険+厚生年金+失業保険などがある代わりに、夜勤ありの変則勤務だったり雇われの身であることなどが挙げられます。
仕事時間が自由に決められる代わりにセーフティネットの弱い個人事業主とは単純には比較できませんが、金額だけで見ると同じくらいということです。

具体的に見積もってみよう

当たり前ですが、年間手取り260万円(月換算21万円)の元は、患者さんからいただく治療費です。
治療費からなる売上です。

では、どのくらいの売上を上げればいいのでしょうか。
計算してみましょう。
(想定:貸店舗を借りて一人で鍼灸院を運営)

・希望手取り…260万円
・社会保険料… 85万円
・必要経費 …135万円
——————–
《合計》   480万円

結論は、年商480万円(月商40万円)です

毎月11万円程の経費(院運営上必要なお金のすべて)がかかるとして、年間の経費が135万円です。
(経費というのは、治療院の家賃・光熱費・鍼灸道具代などで、下記に内訳記載。)

すると、
「年商-経費=額面上の年収」なのでそれが345万円(月収で29万円です)。

年収からは税金がかかります。
所得税と住民税です。これが40万円とします。

また国民健康保険と国民年金がかかります。これが45万円とします。

額面上の年収からこれらを引くと、手取りの年収になります。
345万-40万-45万=260万円。

それを月収に換算すると21万円です。
手取り月収20万を達成します。

月商40万円(年商480万円)を稼ぐと、手取りで月収20万円になります
つまり、ひと月の売上の目標は40万円です。

鍼灸院の必要経費の内訳

経費は11万円を想定しました。
その内訳を書いておきます。

貸店舗(7坪)の家賃 7万円
水道光熱費 1.5万円
電話代 0.5万円
治療道具代 1万円
雑費 1万円

貸店舗は小さめですが7坪あればひとり鍼灸院としては十分かな、と。
それを1坪1万円で借りる計算をしました。
物件内容や土地柄によってはもっと安くなると思います。

最低限かとは思いますが、カツカツというほどでもないはず。
これで回ります。

広告宣伝費の話

さて、どうやって40万円を稼ぎますか?

…その前に重要なことをひとつお伝えします。
じつは先ほどの見積もりには、「広告宣伝費」がはいっていません
これは非常に微妙なところです。

経験上、広告宣伝費がほとんどゼロ(自作か、無料(もしくは格安)で使えるものを活用するスタイル)でも月商40万円はいきます

しかし、より可能性を高める方法があります。
それが「最初はお金を使ってでも、後にそれを上回る利益が得られる」方法です。

ようするに「宣伝広告」です。

あはき法で鍼灸院は宣伝できない、とかそういう宣伝広告ではありません。
ホームページの精度を上げるために業者を使うとか、看板を作るとか、パンフレットを業者に作ってもらうとか、そういうことにかけるおカネです。

広告宣伝費を含めると、月商40万円では足りません。

売上の10%程度を広告宣伝に当てるとして、区切りよく5万円
「広告費用込みで月商45万円」を目標にしてもよいかもしれません。

目標の月商は45万円ですね!
(年商540万円)

まとめ

鍼灸師は、高卒で鍼灸学校に入ればもちろん、社会人を経験していても『自営業』についてはほとんど経験値がありません。
鍼灸学校でも、鍼灸師の開業権をアピールするのに自営業者のノウハウをほとんど教えません。

結局、自分が開業する段階になって初めて右往左往するわけです。
私自身がそうでした(涙)

「売上目標の設定」は基本中の基本のはずですが、それを導き出す経費や社会保険料や税金などの知識や仕組みを知らないままでは、そういった計算すらできないものです。
開業前から、(マクロな話ではなく)自営業的な「小さな経理」を学ぶことは大変重要だと思います。

今回はモデルケースを掲げてみました。
月商50万円は多くはないですが決して少ない数字でもないです。
1・2年ではなく、10・20年と安定継続するための最低限のラインではないかと考えました。
参考になれば幸いです。

プロフィール
この記事を書いた人
めしたけ

首都圏のベッドタウンで鍼灸院をやっています。
鍼灸師キャリアは約20年。
短期の繁盛(=成功)よりも、安定継続(=失敗しない)を目指しています。
3人の子育て中のシングルファーザーでもあります。
開業・経営・生活全般など、あれこれ書きます。

めしたけをフォローする
開業についておカネの話
スポンサーリンク
めしたけをフォローする
鍼灸院経営とひとり親生活のハナシ

コメント