開業鍼灸師が商工会に入るメリット3つ

鍼灸院経営
スポンサーリンク

商工会とは

商工会は市ごとにあり、目的は地域のとくに小規模事業者を支援することです。
ですので、会員には個人店が結構多いです。

開業すると経営面や実務面で、鍼灸関係含めいろいろな協会やら団体に加入します。
私もしましたが、そのなかで「リアルに役に立っているな~」と感じられるのは商工会くらい(苦笑)
あ、あと、賠償保険加入と保険施術の窓口になってくれる協会も役立ってますね♪

商工会はコスパが良いです
会費は月1,000~2,000円とリーズナブルです。
(自分のところは1,500円です。)

商工会の使えるポイント書いてみます。

経理の相談

私が個人事業主になって一番イヤだなと感じた業務が「確定申告」でした。

会計ソフトが助けてくれますから、たしかに、簿記の知識がなくても何とか申告まではいけます。
でも、本当に自分のやり方が合っているのかモヤモヤした不安が残ります
もしくは何かで行き詰ってしまったときに、それを相談できる相手がいないことも多いです(※鍼灸師仲間はたいてい役に立ちません(笑))。

そんなときに、商工会は会計相談にのってくれます。
時期もあるのかもしれませんが、無料です(私は費用請求されたことはありません)。
もうずいぶん昔のことですが、以下のことを聞きにいったのを覚えています。

・治療院用の通帳に発生する「預金利息」をどう処理すれば良いのか?
→事業主借で処理すべし。
・「保険施術した分の売上」はいつ計上したらよいのか?
→売掛けで処理すべし。
・勉強がてら受けた「他院での施術」は経費になるのか?
→経費にはならない。

ネットのない時代のことですから、今はネットで検索すればかなり解決するかもしれません。
でも、自分だけの事例を対面で相談できるのは心強いです

経理サポートサービス

相談ではなくいっそ外注したい、代行してほしい
そんな思いにも応えてくれます。
記帳代行サービスなどの経理サポートサービスです。
実際に私自身は使ったことがないので、何とも言えませんが、申告まで含めて7万円程度は魅力的です
100%外注ではないかも知れませんが、知識のある人の指導のもと申告までできるなら安いものでしょう。
税理士などに頼むと、安くても年間15万はかかりますからね~。

専門家派遣(エキスパートバンク事業)

経営の悩みならなんでもその道のプロが相談にのってくれるサービスがあります
エキスパートバンク。

たとえば、
・店舗の増改築について専門家に相談したい。
・O・A機器(コンピュータ等)を導入したい。
・意匠登録をしたい。
・加工技術の指導を受けて新製品の開発をしたい。
・・・などなど、何でもござれ。

無料面談は1回だけですが、ピンポイントで聞きたいことがあるなら活用したい制度。
市役所がやっている市民法律相談みたいなものですね

実際、何回か使ってみました。
当たり前ですが、継続的な相談になりそうなテーマは向いていません。
あまり思いつめた相談も向いていないかも。
初見で会う人に一発でうまい回答をもらえる相談ってけっこう難しいです。

うまく活用するためには、うまい質問を考えなきゃいかんです(質問力ですね)。
なるべく絞った質問にしたほうが効果的でしょう。
「売上上げたいけどどうしたらよいでしょう?」ではいくらなんでも広すぎ。
「HPのトップページを改善したいのですが、アドバイスをくれませんか?」くらいがベター。

あと、自分の情報をいかに的確に伝えるか
「売上は?」くらいなら答えられるでしょうが、「月間の延べではなく実施術人数は?」「一人当たりの単価は?」「症状別の比率は?」「集客ルートごとの比率は?」とか聞かれて、すらすら答えられないといけません。
自分の情報を用意しておかないとだめってこと。

実体験では、ここまで準備しても、結局うまい答えにたどり着かない場合もあります。
理由は、自分の質問力の低さか、講師の能力か、お互いの相性か・・・??
たとえそうでも、まぁ無料だからね、とあきらめもつきます(笑)
(ただ、どうせタダだからと、最初から軽く構えてると得られるものも少ない気もします)

まとめ

商工会はつかえます。
これは事実。
ただし使わないと無駄になります。

私は他に「法人会」というのにも入りましたが、ここはまったく役に立ちませんでした。
団体が役立たずだったということではなく、自分が役に立てられなかった、のです。
入ったものの活用方法がわからず、結局2年程度で退会しました。

鍼灸団体や治療院系の協会もいろいろあります。
入るだけ入っておくかと加入後、結局は会費だけ払う状態の人もいるでしょう。
私にもあります・・・(涙)
ある程度加入して、イマイチだったらどんどん退会していくと良いですね。

そんなトライアルでも良いので、商工会はおススメです。
ぜひどうぞ。
商工会が使えるか使えないかは自分次第なので、とくに無料や格安で使えるサービスは使ってみると良いと思います。

 

プロフィール
この記事を書いた人
めしたけ

首都圏のベッドタウンで鍼灸院をやっています。
鍼灸師キャリアは約20年。
短期の繁盛(=成功)よりも、安定継続(=失敗しない)を目指しています。
3人の子育て中のシングルファーザーでもあります。
開業・経営・生活全般など、あれこれ書きます。

めしたけをフォローする
鍼灸院経営
スポンサーリンク
めしたけをフォローする
鍼灸院経営とひとり親生活のハナシ

コメント