鍼灸はウデが(かなり)あれば成功するぜ!

鍼灸院経営
スポンサーリンク

鍼灸はウデが(かなり)あれば繁盛するぜ!

すご腕だと必ず最後は成功する、という夢を感じさせてくれる映画を紹介します。
『シェフ 三ツ星フードトラック始めました』です。

ストーリー

~あらすじ~
ロサンゼルスにある一流レストランの総料理長カール・キャスパー(ジョン・ファヴロー)は、メニューにあれこれ口出しするオーナーと対立し衝動的に店を辞めてしまう。
次の仕事を探さなければならない時にマイアミに行った彼は、絶品のキューバ・サンドイッチと出逢う。
その美味しさで人々に喜んでもらう為に、移動販売を始めることに。
譲り受けたフードトラックを改装し、息子や仲間と共にマイアミからロサンゼルスまで究極のキューバ・サンドイッチを作って売る旅がスタートした―。

このあらすじだと何だか味気ないですが、気軽に観られるハッピー映画です。
ちなみに「フードトラック」というのは「移動販売(キッチンカー)」のことですね。
音楽と料理がバンバン出てきます。
どれも心地よく美味しそう…。
出てくる人も基本良い人ばかりで、最後もハッピーエンド。

オーナーと喧嘩してクビになる

前半は一流シェフである主人公が、自分のアーティスティックな料理の才能を表現しようとするのですが、オーナーに止められてしまいます。
「料理は定番メニューを出しておけば十分だ。冒険などするな。ここはオレの店だ」と
主人公のおっさんは、しぶしぶそれを飲むわけです。
…が結果的にストレスが溜まって、グルメブロガーとのやり取りで炎上して、クビになっちゃいます。

ブログやSNS

主人公がSNSに疎いのが炎上のきっかけになるのですが、映画全般でネットのチカラが際立っています。
人を貶めるのもネットで、人を人気者にするのもネットです。
ネット(ブログやSNS)はやはり捨て置けないパワーを持っています

ツイッター

ツイッター(SNS)ができる息子くんのおかげもあって、フードトラックの旅ではどこでも繁盛します。
料理が旨いという事実はあるのでしょうが、それが拡散される仕掛けもある、というのが示唆されます

人間関係

離婚した奥さんのもとにいる息子くんと主人公のおっさんとの「親子関係」も見所です。
同じ父親としてウルルっときます(笑)
(あと、こういう映画って子供が“良い子”ですよね。)
フードトラックでの旅が、今まで放っておいた息子との時間を深める機会になります。
また、無職に陥ってしまった主人公なのに。彼を慕って自身も職をやめて駆けつけてくれた副シェフもいい味出しています。
最初は軽そうな兄ちゃんと思いきや、人間味ある男で、そういう「友人との関係」も見ていて心地良い
まさに「人生で大切なことは何か?」を問いかけています

鍼灸院に置き換えて考えてみる

ではこの話を鍼灸師として考えてみます。

腕さえあれば…

このシェフは「すご腕(一流)」です。
だから、業態はフードトラックでもなんでもうまくいくでしょう。

鍼灸師だって腕さえあれば繁盛します
これはホント。
ただし一流じゃないとダメですよね

技術力でもなんでも「差」は、かなりはっきりした違いにならないと人は認識できません。
30ミリ(3センチ)の長さと39ミリ(3.9センチ)の長さでは、若干違うかなぁ程度にしか感じません。
でも、30ミリと48ミリだったら、はっきり違いが分かります。
これは1.3倍くらいでは違いがぼんやりだけど、1.6倍になるとハッキリした差として感じるというものです。

だから、平凡な鍼灸師の1.6倍以上の技術力があれば、きっとその違いを患者さんも認識できるはずです
自分にそのくらいの差が出せるか、ですよね。

一流料理店のオーナーの考え

映画で、レストランの雇われシェフ時代の主人公は、新作メニューを考案します。
そして「ワンパターンのメニューを5年も変えていない。マンネリになっているから新作に挑戦しよう」とオーナーに苦言を呈しつつ提案します。
するとオーナーは「そのワンパターンメニューでうちは儲かっている。以前、挑戦的な新作メニュー作ったけど全然売れなかったじゃないか!?厨房を改装していくらかかった?」と責めます。
そして「いつものメニューが出ることを客は期待しているんだ」と

このオーナーの考えは間違っているかどうか?

経営者視点では間違っていないと思います
・(マンネリメニューが売れているのだとすれば)売れているメニューをしっかり提供すること。
・費用対効果を考えて店を運営すること。
・冒険するよりも安定維持を目指すこと。

…間違っていません。

一流シェフの考え

一方、シェフは(自分の腕を思う存分に振いたい)技術者視点です
・自分の技術を試したい。
・新しいモノを客も求めているはずだ。
・新しいモノを生み出すには挑戦や冒険も必要だ。
・より良いモノを作れば結果的に繁盛するはずだ。

両方とも間違っていない気がします。

開業鍼灸師として

両方とも間違っていない気がしますが、開業鍼灸師はこの両方を兼ねていないとダメです
とくにひとり鍼灸院の院長は、何でも一人でやらないといけませんからね。
経営者であり施術者でもある複数視点が重要です
(どちらに比重を置くかはその人によるでしょうが、そのスタイルの違いはどちらでも正解でしょう。)

私自身は、経営面も技術面も総合的に高めることで、うまくいくようなスタイルを提案しています

映画では、主人公が作るB級キューバ・グルメが、作る端からガンガン売れていくわけです。
旨いモノ・良いモノを作れば売れるのだ式のストーリー展開で、経営目線がなくて「やはり映画だよな」と感じます。

でも一応、息子くんがSNSで広告宣伝をしたり、B級キューバグルメに相応しい場所(キューバミュージシャンのライブ会場の外など)で店を開いたりと、努力をしています。
そういう経営活動を地味に行うからこそ、上手いフードが生きてくる、と考えます。

何をウリにするかを考え、立地を考え、HPやSNS等を駆使し、そして来てくれた患者さんにしっかり施術するから、鍼灸院の経営が回るのです
それをすべてやらないと、ね。

まとめ

まずこの映画は純粋に面白いのでお勧めです
気軽ですし。
そして、そのなかに、キラリと鍼灸院経営に使えるヒントを拾ってほしいと思います。

・一流でも料理だけしていれば済むものではない。
・ネットの世界は、仮想現実でありリアルではないのに、巨大なパワーがある。
・自分を見つめる時間や人間関係の再構築や、ピンチこそチャンスである。
・仕事だけではイカン。家族って素晴らしい、友人って素晴らしい。
・人を幸せにできる仕事っていいな。

一番重要なのは「人生で大事なのは楽しむこと」です
良い映画でした<(_ _)>

 

プロフィール
この記事を書いた人
めしたけ

首都圏のベッドタウンで鍼灸院をやっています。
鍼灸師キャリアは約20年。
短期の繁盛(=成功)よりも、安定継続(=失敗しない)を目指しています。
3人の子育て中のシングルファーザーでもあります。
開業・経営・生活全般など、あれこれ書きます。

めしたけをフォローする
鍼灸院経営
スポンサーリンク
めしたけをフォローする
鍼灸院経営とひとり親生活のハナシ

コメント