鍼灸院のスマホ決済(クレジットカード決済)はコレ一択!

鍼灸院経営
スポンサーリンク

クレジットカード払いを始めたらあまりに好評で驚いた

クレジットカード払いの導入を「面倒だから」と敬遠している鍼灸師さんには、「ぜひ簡単だから始めてみて」と言いたいです

おススメします「Square(スクエア)」では、クレジットカードの主要ブランドであるVISA、Mastercard、JCB、Diners Club、Amexカードが利用できます。


そんな私も、これまで「現金払いのみ」を15年以上続けてきました。
自分が基本いつもニコニコ現金払いですし、現金のみのほうが会計作業(記帳とか)がラクというのもありました。
そして手数料のことも気になっていました。

でも、患者さんのためになるなら・・・と始めてみたのですが、これが思いのほか好評でした。
今では8~9割の患者さんがクレジットカード払いです。
「みんな、クレジット払いがしたかったんだな(今までスミマセン)」と感じました。

導入は至って簡単、決済も簡単、初期費用もほとんどかかりません。
今回はスマホ決済(クレジットカード払い)の始め方を解説したいと思います。

スマホ決済は色々あるがコレ一択!

スマホ決済できる会社は「楽天ペイ」「Square(スクエア)」「コイニー」「エアペイ」が有名です。
おおむね似通ったシステムで、料金的にも同じようなものです。
QRコード決済もできるとか、電子マネーに対応しているとか、手数料が若干違うとか、と差異はあります。

しかし、最大級の違いは「回数券払い」が可能な会社はスクエアだけです
スクエア以外の会社は都度払いのみです。

たとえば1回5000円の治療費の支払いだったら、どの会社でも問題なくクレジット払いできます。
あなたの鍼灸院が1回払いしかなければ、スマホ決済の会社の中でも「一番手数料が安くて、一番多くの電子マネーに対応していて、QRコード決済にも対応している会社」をさらに探していったほうが良いでしょう。

一方、当院のように回数券払いも行っているようですとスクエアしかありません
金額が5万円以下、または金額が5万円以上でも期間が2ヶ月以内であればカード決済できます

たとえば回数券として10回券45,000円のメニューがあったとします。
有効期限は6ヶ月です。
これならカード払いOKです。

さらにもっと高額メニューで、3回券100,000円があったとします。
コレの有効期限が2ヶ月だったらOKです。

こういう支払い方法の鍼灸院は結構あるはずですので、そういった院のスマホ決済サービスはスクエアで決まりです。

決済手数料は3.25%(※JCBのみ3.95%)です。

【カードリーダー実質無料キャンペーン中!】新規でSquareをご利用の方は今だけキャッシュバックでお得に!
月額固定費なし、決済手数料3.25%からのクレジットカード決済を。

スクエア導入方法

必要なものは「スマホ(タブレット)」「カードリーダー」だけです。

カードリーダーとはこれ↓
カードリーダー

【導入手順】1: 無料アカウントを作成
・メールアドレス・登録者情報・事業内容・入金先口座情報を入力。

2: 審査
通常3〜5営業日で登録のメールアドレスに審査結果をお知らせします。

3: アプリをダウンロード
App StoreまたはGoogle Playから「Square POSレジ」を検索してください。
スマホ決済する端末にアプリを入れておきましょう。
もちろん、アプリは無料です。

4: IC カードリーダーを購入
Square Readerは税込4,980円。
公式オンラインショップなら送料なし、約1週間でお届けします。
ちなみにカードリーダーの代金は、キャンペーン中であれば全額戻ってきますので実質ゼロ円です。

5: 利用開始
カードリーダーをスマホのイヤホンジャックに差し込めば、すぐ利用できます。
自分の銀行口座によりますが、当院では週1回振込みされます。
ただ、いきなり使い始めるのも不安でしょうから、「100円テスト」と言って自分のカードで練習できます。
(使った100円は戻ってきます)

6: キャッシュバック申請
1回目のカード決済が完了すると、Squareからメールが送信されて来ますので、メールの案内フォームに沿ってキャッシュバックの申請を行います。

※2019年4月に新型のカードリーダーが出ました。

スマホカード決済Spuareの新型カードリーダーがイイ感じ
クレジットカードのスマホ決済「Square(スクエア)」に新型カードリーダーが出ました。 早速導入してみたハナシ。 なかなか良かったのでますますSquareがおススメになりました。

新型のカードリーダー(7,980円)も新規は無料で導入できます。
【新規限定】今だけカードリーダー代が実質無料に!

動画で解説。
映画『マトリックス』でモーフィアスを演じたローレンス・フィッシュバーンがダイエットしたようなおっさんが説明してくれます(2:41)↓

使ってみてのリアルの感想

始めるのはほんとに簡単

始めるまでの費用は、(スマホなど端末さえあれば)ホントにゼロ円でした。
そして、アカウント申請→審査→カードリーダー購入→カードリーダー届くまで少し日数はかかりましたが、ほとんど待ち時間でした。
100円テストをするまでは「スムーズに使えるだろうか!?」と不安でしたが、上の動画のおっさんも言っていたとおり簡単でした
実際に患者さん向けに使い始めても、基本的にはスムーズに使えますので、安心して導入していただければと思います。

ただ、あえて言えば、カードリーダーの磁気ストライプの感度が悪い!です
カードをスライドさせたらきれいにピッ!となってほしいですが、『読み込めません』と出ちゃうことが多いです。
そのために何度も患者さんの前でピッとやるので、かっこ悪い。
「磁気ストライプは読み込みが悪いので、スミマセン」と言い訳しつつ・・・(苦笑)
でも、最近のカードのほとんどはICチップがついているので、磁気ストライプを使うことは少ないのでご安心を

振り込みも問題なく行われます。
私の指定銀行は週1回まとめての振込みです。
木曜から水曜までに発生した分が金曜に振り込まれます。

記帳が面倒になった

売上が現金払いとカード払いの2本立てになったので、それを分けて書く必要があります
現金払いの収入は、施術した日にそのまま売上になりますので「現金出納帳」に書きます。
ただカード払いの場合は、施術した日に売上にはなりますが、実際のおカネはまだ払われていないので「売掛帳」に記載です。
そして振り込まれた際に売掛け金の振込み+手数料で処理します。
うげっ面倒くさっ!・・・記帳作業は確かに面倒くさくなります。

入力の手間はかかりますが、会計ソフト『やよいの青色申告オンライン』が助けになるはずです。

キャッシュレス時代への対応

QRコード決済とスマホ決済は違いますが、同じくキャッシュレスです。
今後はキャッシュレス時代が来る、などといわれていますので、鍼灸院も対応していけれればと考えます
(※予断ですが、現状QRコード決済もやはり回数券払いができないんですよね・・・。)

手数料はやはり痛い

3.25%(3.95%)の手数料は、正直言えばやはり痛いです
私の院では8割9割がカード払いなので、今までと同じ人数が来院していても売上が3.5%ほど減った計算になります。
50万円の月商なら1.75万円を手数料で持っていかれる計算です。
その金額があれば○○ができる、△△ができる、との思いもよぎりますが、それも含めて必要経費と割り切るしかないですね。
今はまだ持ち出しの感覚かもしれませんが、いずれキャッシュレス時代が来たときに耐性ができている院経営を構築していきたいです
売上的にも記帳業務的にも、ね。

患者さんから好評

現金払いのみのときは、時々「あ、お金を忘れた! すみません、すぐATMでおろしてきます」とか「カードは・・・使えませんよね!?」とか言われることがありました。
クレジットカード払いを始めて、そんな患者さんの支払い負担を減らすことができました。
また、クレジットカードで払うとポイントなどがつきますから、患者さんとしても使いやすいと思います。
どうせ同じ治療費を払うんだから、ポイントがたまるほうが嬉しいってものです。
鍼灸院としても、患者さんへの貢献としてカード払いを位置づければ、払う手数料も必要経費です

キャッシュレス対応を考えているなら、回数券払いも可能なスクエアをおススメします。
※2019年4月に新型のカードリーダーが出てさらに使いやすくなっています

個人事業主でもOK!事業の業種、形態、規模、または法人・個人にかかわらず、カード決済が導入できます!

プロフィール
この記事を書いた人
めしたけ

首都圏のベッドタウンで鍼灸院をやっています。
鍼灸師キャリアは約20年。
短期の繁盛(=成功)よりも、安定継続(=失敗しない)を目指しています。
3人の子育て中のシングルファーザーでもあります。
開業・経営・生活全般など、あれこれ書きます。

めしたけをフォローする
鍼灸院経営
スポンサーリンク
めしたけをフォローする
鍼灸院経営とひとり親生活のハナシ

コメント