鍼灸院ホームページを自分で改善できない時の手段

鍼灸院経営
スポンサーリンク

ホームページを改善したい

良いホームページのトレンドもどんどん変わってきますね。
数年前に作ったサイトも今では時代遅れ、なんてことも…。

現在では「常時SSL化(https://)」と「スマホ対応」と「表示速度アップ」がトレンドではないでしょうか

常時SSL化とは、http://sample.com/のような暗号化されていないURLではなくhttps://とSがつくURLにすることで、その方がSEO上評価が高い。
スマホ対応は、スマホで見た時に見やすく操作しやすいようにサイトを作りこむことで、同じURLでもPCで見た時とは違った画面になる方法(レスポンシブデザイン)が多く使われています。
表示速度は、表示速度が遅いと評価が下がるので早くなるように改善することを推奨されています。(PageSpeed Insightsでスピードテストができます)

…とまぁ、このように改善したいことは山のようにあるわけです。
でも正直、一介の鍼灸師に全てを成すことなどムリ!!
トレンドについていくことすら難しいです。
でも、出来る改善はしたい…という矛盾した気持ちがモヤモヤするわけです。

さてどうしよう!?

手段は外注

あなたの院のHPが業者作成のもので、そのまま業者に丸投げで運営してもらっているなら、同じ業者に改善を依頼するのが一番手っ取り早いでしょう。
一番悩みがなくて良いかもしれません(笑)

一方、HPを自作している人や出だしだけ業者に作ってもらい管理は自分でしている人は、自分で動く必要があります
(※私は、コアの部分だけ業者作成→あとの増改築は自分で、の人です。)

外注が最良の手段です
しかも安い方がいいですよね。

おススメのサービスがあります。

ココナラ
・ランサーズ
・クラウドワークス
…といったマッチングサービスを使うという方法です。

簡単に言うと、仕事を探している人と仕事をお願いしたい人をつなげるサービスですね。
これらには、プロ(本職)・在宅の主婦・副業サラリーマン、など多くの人が登録しています。
ホームページの修正や作成だけでなく、サイトに挿入するイラストや似顔絵やアイコンなども作ってもらえます。
しかも安いです。

ちなみに、このブログのプロフィール画像(私の似顔絵)もココナラで依頼しました
写真を渡し→似顔絵描いてもらい→完成データをもらって、500円でした。
コレですね↓


依頼の方法

ホームページ改良のためにココナラを使う場合を例にとります。

1・アカウントを取得。

2・「サービスを探す」で「webサイト作成・webデザイン」を選ぶ。

3・「ホームページ作成」か「wordpress作成・カスタマイズ」か「HTML・cssコーディング」くらいから自分のHPに合う項目を選択。

4・それぞれの人(出品者)が、自分のサービスや料金などを書いていますので、内容や評価なども確認しながら何人か選ぶ。

5・いきなりサービス購入ではなく、選んだ出品者に「ダイレクトメッセージ」(メールですね)で、「自分が抱えている問題やこうして欲しいという内容」を書いて対応してくれるか聞いてみる。

6・返事(返信の内容・速さ・人柄)などから、最終的に一人に絞り、本格的に「サービス購入」。

7・クレジットカードやコンビニなどで「支払う」。

8・出品者とやりとりしていく。

以上になります。作業自体は超簡単です。

私の体験

私自身もココナラで鍼灸院のサイトを作ってもらいました。

それまでは完全自作サイトを使っていました
そこから、SSL化や使いやすさを考えて新規サイトを外注で作ろうと考えました
ですので私の体験は、サイトの修正ではなく新規作成ですが、たどる道は同じかと思います。

最初はオーソドックスに、ネット検索でホームページ業者を探しました。
…が、本格的な法人向けサイトを作るところは初期費用が異様に高く、治療院向けのところも「毎月の管理費がある」「ページを増やすたびに費用がかかる」のが一般的でした。

私は、できれば「基本の10ページくらい作ってもらったら、あとは自分で更新したりページを増やしたりしたい」と考えていました

そういったサービスをフレキシブルに担ってくれる人がいないかな、とココナラにたどり着いた訳です。

何人かのサイト作成業者に見積もりを取りました

【依頼した内容】
・サイトを新規(10ぺージほど)で作ってほしい。
・Wordpressで作ってほしい。
・レンタルサーバー(wpXレンタルサーバー使用)と独自ドメイン(エックスドメイン使用)は自分で用意する。
・納入後の管理や運営を、私(素人)ができるもので作ってほしい。
・SEOを意識したサイトにしてほしい。
・レスポンシブデザインでスマホ対応+HTTPS化で。
・納品後、しばらくは使い方などの質問にも対応して欲しい。

業者はだいたいフリーランスの人でした。
見積金額などはピンキリが大きく、相場感がない業界なのだなぁというのが正直な感想です

あと、やはり相性はあるので、人柄に好感が持てるのも大事です
その後のやり取り等でもめないようにしたいものです。
私は作業の進め方の方針が合わず、ひとりの業者さんと依頼中断になってしまいました。

まぁ、最終的にはとても良い人と出会うことができ、満足のいくサイトを作ってもらいました

そもそもホームページの目的

良いホームページって大事。
でもこれって何のためかと言えば、検索順位を上げるため(SEOのため)ですよね。

ではそもそも鍼灸院のホームページの目的ってなんでしょう!?

ずばり、ホームページの目的は「患者さんに自院を知ってもらって・選んでもらうこと」です。
もう少し直接的に言えば「HPをみて予約してもらうこと」です。

だからそれが叶えばSEOなんかどうでもいいわけです。
一応、SEOが上がる=予約につながる、と両者が合致するから頑張るわけです。

ここ重要なポイントです。

結局、自分の院のホームページがダサくても古くても、必要な人数を呼べていればOKなのです

そして「必要な人数」ってのがその人の院によって違ってきますよね
3人なのか、8人なのか、13人なのか、20人なのか。
「多ければ多いだけ良い」なんて言わないで欲しいです。
対応できる人数の上限がわりとすぐ一杯になってしまうのがひとり鍼灸院ですから、必要な人数を想定しておくことはとても重要です。
あなたの院での必要な人数を知る事は重要です。

ちなみに、私の院ですと月15人くらい新しい患者さんに来てほしいです。
HPに限らず、看板・チラシ・紹介なんでも全てのルートで。
ホームページでそれをカバーできたら嬉しいと考えていますので、目標は15人です。

あなたのホームページの具体的な目的は何ですか?

まとめ

トレンドに則ったホームページを維持するのは、鍼灸師には難しいです。
しかも、ひとり鍼灸院の資金力はたいてい乏しいものです。
でも同時に、ホームページのパワーは現在の鍼灸院経営では重要です。

できるだけ質が高くて安く済むサイト作りを目指したいものです

そのためにできるのが外注。
しかも、副業やフリーランスの人材が多くそろっているサービスを使うことです。
そういったサービスの使い方や業者の選び方は、はっきり言って簡単です。

旅行サイトのじゃらんや、求人広告サイトが使いやすいのと一緒です(笑)

あなたの院のホームページを改善していく手段としてぜひ活用してみてください。

ただし、まずはあなたのホームページの目的をはっきりさせること。
そして、具体的にこういう風に改善して欲しいという指示を出せるようにしておくこと、も大事です。
依頼が具体的であればあるだけ、納品されるものも期待に沿ったものになります。



プロフィール
この記事を書いた人
めしたけ

首都圏のベッドタウンで鍼灸院をやっています。
鍼灸師キャリアは約20年。
短期の繁盛(=成功)よりも、安定継続(=失敗しない)を目指しています。
3人の子育て中のシングルファーザーでもあります。
開業・経営・生活全般など、あれこれ書きます。

めしたけをフォローする
鍼灸院経営
スポンサーリンク
めしたけをフォローする
鍼灸院経営とひとり親生活のハナシ

コメント