【鍼灸院】ホームページ業者に頼む時の4つのアドバイス

鍼灸院経営
スポンサーリンク

HP業者に作成を頼む人へのアドバイス

鍼灸院のホームページは必須です。
今どきHPがないことはないでしょうが、リニューアルを考える人は少なくないと思います。

その際に自作する自信や時間がないから業者に依頼する、というのは正しい選択です。
業者の頼めばは費用はかかるけど簡単だしね、と。

しかし業者に依頼すれば全てやってくれると思うと、そのホームページは失敗します。

業者にホームページ作成を依頼するなら覚えておいて欲しいアドバイスが4つあります。
参考にしてください。

鍼灸院ホームページ作りのおススメ本3冊
鍼灸院のホームページ作りはいくつかの点でとても奥が深いです。 奥が深いですが、それゆえに「はまった」時はめちゃくちゃ効果が出ます。 だから、ぜひともホームページ作りはしっかりやってみてほしいです。 そのためのおススメ本を紹介します。

サイトの構造を指示するの自分

鍼灸院のホームページの構造はたいていどこも似ています。
トップページがあって、初めに・料金・プロフィール・よくある質問・アクセス・サイトマップ、のような構造です。

どこも似たり寄ったりなのは、それだけ業界のサイト構造が完成されているからでしょう。
鍼灸院の商売形態は似たり寄ったりですからね(笑)
だからたしかに業者丸投げでも似たようなページ構成にはなるかもしれません。

でも、サイトの構造を決めるのは院長の仕事です

最近は「症状ごとページ」をしっかり作成するのが流行っています。
どういう症状ページを作るか、とか、それを目立たせるか、目立たせないか、などを決めなければいけません。
または、「他院との違いページ」は作るか作らないかや、「ブログ」の有無など、どういう風にホームページを育てていくつもりかを考えておかないと、後々構造がめちゃくちゃになってしまいます。

家で言うと「設計図」ですね。
これ重要。
ですので、決まりきったページしか作れない「パッケージ型のホームページ」はやめた方がいいでしょう。

ラインティングをするのは自分

それぞれのページの文章は院長が書きましょう
SEOを意識してのhtmlタグとか、そういうことまで行う必要はないけど、少なくともページの本文に当たる文章は書きましょう。

読んでくれた人が、どう感じて、どんな風に行動して欲しいのか、を導けるような文章だと最高です。

この辺は勉強が必要ですよね。
下記の書籍はなかなかよいですよ。

写真は準備が大事、撮影は外注がおススメ

院前の景色・院内の風景・プロフィール画像など、写真がホームページのキモだったりします。
また、写真がいっぱいあれば今後もそれらを活用していけますので、写真データは院の財産とも言えます

どういう写真をホームページに載せるか(場面やアングルとかそういうこと)。
これもまた院長が決めなければいけません。

ホームページ作成業者は「写真データを送って下さい」「どこにどんな写真を使うか指示して下さい」と言うだけです。
院長自身が、ページの完成系をイメージしながら「ここにはこういう写真をはめる」「こっちはこの写真」などと決めていきます

そしてその写真が必要になります。

しかもホームページに載せる写真は高品質がいいです。
ぜひプロ(もしくはセミプロ)に外注することをおススメします
さほど費用はかからないし、財産になりますので、ここは投資する価値があります。

また院長がどういった写真を求めているかを把握していると、撮影当日カメラマンさんにも指示しやすくなるので一石二鳥です。

契約内容に注意する

写真データは財産という話を書きましたが、ホームページそのものも院の財産になります。
その財産(HP)をどういう契約で作ってもらうかは大事にしたいところ。

・独自ドメイン
・ページを増やす際の費用
・毎月の管理費
・リース契約かどうか

まずは独自ドメインです。URLですね。
ネット上の「住所」のようなものですので、同じドメインをずっと長く使い続けた方がSEO的にも有利です。
ですので、解約時(その業者を使わなくなった際)も自分のドメインを引き継げるかどうかは最初に確認したいです
ホームページの内容すべてが引き継げると最高ですね。

ページを増やす際の費用。
自院のホームページをどのように育てていくつもりなのかによります。
最初に作ったらもう内容はいじらないならいいのですが、通常は修正がいずれ必要になります。
その都度どの程度の費用がかかるのかは最初に確認して納得しておきたいです。
または、どんどんページを増やしたい人には自分でページは増やせる仕組みになっている方が良いです

毎月の管理費。
5000円くらいから2万円くらいまで様々です。
こういった固定費は意外と地味に効いていきますので、慎重に考えてみてください。
私だったら5000円くらいなら妥協、出しても1万円までですね

リース契約。5年契約とかそういうやつ。
これは最悪の契約なのでNG
その業者や作ってもらったHPがイヤになっても5年間は定額でおカネを取られる仕組みです。

まとめ

完全自作のホームページは時間と手間がかかります。
家を自分で建てるのと一緒です。
セルフビルドするにしても基礎や水回りなど大事な部分だけは業者に任せるのも良いと考えます。

結局、業者は鍼灸院長の指示待ちなんですよね。
こんな風に作ってほしい、ここにはこの文章を入れて、ここにはこの写真を使って…と指示して初めて動いてくれます。
ホームページは店づくりと一緒です。
院長がメインで頑張って初めて良いものができます。

…それって、もう自分で作るのと変わらなくない!?と思いますよね。

私はそう感じましたので、ウチのHPは、基礎部分だけ業者に頼んでそれを買い切り、あとは自分で増改築中しています。
変則的な自作サイトと言えるかもしれません。
ですので、毎月の管理費はかかりません。

もし自作を考えていましたら、レンタルサーバはwpXレンタルサーバー、独自ドメインはエックスドメインがおススメです。
当院もそのコンビで使っています。
エックスサーバーは、今ホームページを作るならベストと言われるレンタルサーバーです。
費用はちょっぴり高いですが、使いやすいし、その価値がありますよ。

プロフィール
この記事を書いた人
めしたけ

首都圏のベッドタウンで鍼灸院をやっています。
鍼灸師キャリアは約20年。
短期の繁盛(=成功)よりも、安定継続(=失敗しない)を目指しています。
3人の子育て中のシングルファーザーでもあります。
開業・経営・生活全般など、あれこれ書きます。

めしたけをフォローする
鍼灸院経営
スポンサーリンク
めしたけをフォローする
鍼灸院経営とひとり親生活のハナシ

コメント