30代の鍼灸師は退職金の準備をしよう

おカネの話
スポンサーリンク

自営業者は退職金を意識しよう

個人事業主の良いところは自己責任という名の「自由」があることです。
自由であるがゆえに、皆それぞれ生きたいように生きているので、思わず見えていないこともあります。
そのひとつが「退職金」です。
業界でも語られることがありませんし、私も普段は退職金のことなど忘れて生きていますが、世のサラリーマンの方たちはじつは人知れず積み立てているのです(笑)
そのことを認識して、備えておくススメを書きました。

個人事業主と会社員の違い=退職金

開業鍼灸師の多くは個人事業主(自営業)です。
個人事業主と会社員の違いでよく聞くのは「税金」と「社会保険」です

個人事業主は「売上-経費=所得」で、その所得に税金がかかります。
会社員は「給与-給与所得=所得」です。

例:年収400万円の人
個人事業主なら、売上1000万円-経費600万円=400万円の収入とします。
400万円から引けるのは青色申告控除65万円だけですので、335万円が課税所得です。
一方、会社員は400万円の給与から給与所得控除134万円を引けますので、課税所得は266万円になります。

結果払う税金(住民税・所得税)は、個人事業主41万円、会社員26万円となります。
また、社会保険料(保険+年金)は、個人事業主44万円、会社員57万円となります。

よくよく計算するとあまり変わりませんね。

ただしもちろん、健康保険の方が国民健康保険よりも傷病手当金などで保障が充実しています(会社員がお得)。
また、厚生年金に加入している方が国民年金だけよりも老後にもらえる額が増えます(会社員がお得)。

これだけでも会社員の方がお得ですが、見逃されがちな最大の違いがあります。

それが「会社員の退職金は給与とは別に積み立てられている」ことです。
(※正確には積み立てではないですが、勤続年数により額が増えるので、結果的に積み立てているようなものでしょう。)

中小企業の平均退職金は大卒で約1130万円です。
東京都産業労働局労働相談情報センター『中小企業の賃金・退職金事情平成28年版』

40年間勤めて1100万円もらえるとすれば、年間28万円(毎月2.3万円)の見えない給与を社員は積み立てているようなものです。
これ結構大きいですよね。
個人事業主は年収28万円を上乗せした額をもらってようやく会社員と同じになるわけです。

退職金がないけど働き続けられる!?

そうは言っても、個人事業主には定年がありません。
これはメリットです。

ずっと働き続ければ、退職金や年金の少なさをカバーし続けられるよ。
だから、それでいいじゃん。

…となりますか?
そう思えるならそれで構いません。
結局、未来はどうなるかなんて誰にもわかりませんので、そのまま最後までうまくいける可能性も十分あります。

でも、鍼灸の施術をし続けられるかどうかの不安は常にありますよね。
退職金がないことを意識して、今から少しでもいいので備えておきたいものです。

退職金代わりにおススメできる2つの制度

小規模企業共済

個人事業主や小規模企業の経営者・役員が入れる、廃業や退職時の資金を積み立てる制度です。
掛金が全額所得控除できるのが最大のメリットです。
1000円から積立て可能です。

《メリット》
・最大120%相当額が戻ってくる
・掛け金が全額控除になる
・退職金代わりで税負担が軽くなる

詳しくは「小規模企業共済」

iDeCo

iDeCo(個人型確定拠出年金・イデコ)は自分で積立てる年金ですね。
5000円から始められます。
メリットは小規模企業共済と同様、掛け金が所得控除になる事です。

《メリット》
・運用するので掛け金以上でリターンする可能性がある
・掛け金が全額控除になる
・年金代わりなので税負担が優遇されている

iDeCo公式サイト

まとめ

積立て系は時間が有利に働きますので、50代より40代、40代より30代にスタートする方が確実にお得です。
30代の方はまだまだ若いので「老後」にピンとこないかもしれませんが、早めスタートをおススメします
…と、ここまで「退職金を作っておこう!」と書いてきました。
…が、これも伝えておきたい。

退職金や年金などという未来のことに回せるカネがないなら始めるな!

…です。

小規模企業共済1000円+iDeCo5000円の最小6000円ですら家計を圧迫するようなら「今はそれどころではない」です。
最初にも書いたように、未来はどうなるかなんてわかりませんので、今はその日暮らし的にサバイブしてもらえれば十分です。
「その日暮らし」スタイルで90歳まで鍼灸師をやっていけるかもしれませんし(笑)
ホント、そういう可能性だって十分あり得ます。
無理はしないでください。

日々の生活を楽しまなきゃね!

全くその通りです。
何のために生きていくのかを考えて、将来の不安を軽くすることで今が生きやすくなるのであれば、個人事業主は退職金的な備えを独自にした方がよい、とお伝えしたかったです。
ご参考にしてください。

プロフィール
この記事を書いた人
めしたけ

首都圏のベッドタウンで鍼灸院をやっています。
鍼灸師キャリアは約20年。
短期の繁盛(=成功)よりも、安定継続(=失敗しない)を目指しています。
3人の子育て中のシングルファーザーでもあります。
開業・経営・生活全般など、あれこれ書きます。

めしたけをフォローする
おカネの話
スポンサーリンク
めしたけをフォローする
鍼灸院経営とひとり親生活のハナシ

コメント