鍼灸院で月45万円の売上を作る方法

鍼灸院経営
スポンサーリンク

月45万円の売上は最低限必要

最終的な結論を言えば月商や年商なんていくらだっていいんです。
自分が暮らしていくのにふさわしい金額(もしくは許容できる金額)であればそれで最低限OKで、それは千差万別です。
田舎暮らしでは「家賃は月1万円、野菜は買ったことがない(ご近所の差し入れや自給があるので)」というような生活コストもありえますし、家賃だけで15万円という都内の場所だってあるでしょう。
生きていくのに必要な金額なんて人それぞれ過ぎます。
また、売上から経費を引いた利益が最終的には大事なので、経費部分は人によってだいぶ違うのでさらに比較が難しい。

・・・とは言えここでは、ひとりで貸し店舗を借りて鍼灸院を経営するスタイルで、最終的な利益(サラリーマンで言う“額面”)を30万円くらいにするためには、月商45万円としました

鍼灸院の最低限必要な売上
鍼灸師は『自営業』についてはほとんど経験値がありません。 鍼灸学校でも自営業者のノウハウをほとんど教えません。 私自身がそうでした(涙) 鍼灸院に必要な売上について書きました。

私感覚では最低限このくらいは必要ですし、鍼灸専門院でもしっかりやれば誰でも達成可能だと考えますので、今回は月商45万円鍼灸院の作り方を書きます。

作り方の大きな流れは・・・、
・得意ジャンルを決める
・それに特化したホームページを作る
・治療費を決める
・説明に力を入れる
・・・です。

以下、解説していきます。

得意ジャンルを決める

鍼灸の対応力は広いので、本来、鍼灸師はいろいろなお悩みに対応したいでしょう。
「老若男女、頭の疾患から足先の疾患まで、何でも来い!」ってなものです。

ただしこれはまずいです。
何でも屋は、よほどの田舎の鍼灸院か、よほどの腕がある鍼灸院が取る策です。
あなたの特徴を打ち出さないことには、得意を打ち出している競合と勝負になりません。
普通の技量の鍼灸師(世の中の8割の鍼灸師)は、どういう患者さんに来てもらうかを、こちら側(施術者側)が絞る策をおススメします。

疾患から決める

肩こり腰痛
一番悩んでいる人が多いジャンルなので一番妥当ですが、その分競争相手も多い。
肩こりや腰痛で悩む人が、整体でなく・カイロでなく・整骨でなく、鍼灸を選んでくれるか。
知ってもらう壁が高いですが、それを越えられれば、強力な集客パワーを得たことになります。

難病系
パイが小さいけど、鍼灸が選ばれる余地が高いです。
普通の院でも「○○病なら地域でNO.1」となれる可能性が大きいですが、NO.1になったからと言って来院する患者さんのマックス値も少ないです。
この場合は、少し広めの地域から集客できるとパワーを得られます。

ジャンルから決める

美容系
いま流行に乗っているスタイルですね。
私は美容系メニューをやっていないので、イマイチその「本当のところ」がわかりません。
すみません。
ただし、人を雇える鍼灸院に美容系が多いことからも、美容系は鍼灸院と相性がよさそうな印象です。
上手くはまるとウハウハになれる可能性があります(笑)

スポーツ系、趣味系
アスレチックトレーナーではなく、ここではスポーツの種類によって差別化という意味で使います。
野球専門、マラソン専門、バレイ専門、などいくらでもあります。
趣味系とは、たとえば楽器演奏(ギター専門)とか、そういうジャンルでの差別化のことを言います。
病気別の特化鍼灸院が多かった中、今後はこういったジャンル特化型も増えていくと思います。
鍼灸との相性は良いと思います。

ターゲットに合わせたホームページを作りこむ

ある分野に特化したら、患者さんにそのことを知ったもらうにはホームページが基本になります。
ホームページ作りの3つの基礎を書きます。

なぜ良いのかを詳しく説明する

論理的にクールに説明しつつ、思いを熱く語れるといいですね。
・なぜあなたの院ではそれに力を入れているのか?
・どうして鍼灸がいいのか?
・しかもどうしてあなたの院がいいのか?
・あなたの院に行くと患者さんはどうなるのか?
・メリットは何でデメリットは何か?
・・・などなどを語りましょう。

患者さんの声を集める

どんなに鍼灸師が熱く語っても「本当に?」という疑問はぬぐえません。
メーカーが自社製品をどんなに褒めてメリットを語っても「本当に?」と思いますよね!?
それを打ち消してくれるのが「証拠」です。
鍼灸院の場合、患者さんの声です。

患者さんの声は量と質の両方が大事です
声の数も1件よりも10件、10件よりも100件、あった方がパワフルです。
質も「良かったです!」の1行だけより「なかなか治らず悩んでいて、鍼灸が良いと聞いて勇気を出してやってきて、不安だったけど受けたら気持ちよくて、最終的には治りました。良かったです!」と書いてあるほうがパワフルです。

きれいな写真を用意する

写真は大事です。
プロに頼んだほうが良いです。
別に書きましたので参考にしてください。

鍼灸院の写真をプロに撮ってもらった体験談
鍼灸院のホームページは、ご自分で撮ったのであろう写真のHPも少なからずあります。 これだともったいない。 やはり、写真はプロに撮ったもらった方が断然良いものができます。 良い写真データは院の財産です。 …とは言え、ひとり鍼灸院は資金力が乏しいのもまた事実。 そこで今回は、私が格安でプロに依頼して撮影した体験談を書きます。

適正な治療費を決める

現実的に月商50万円程度を狙うんだったら、5000円くらいになるのかな、という印象です。
事実、鍼灸院は4000~6000円くらいのところが多いです。
以前に治療費の決め方は記事を書いたので参考にしてください。

治療費を決める方法
自分の鍼灸院の治療費を勘や今までの経験から決めていませんか? 治療費にも決め方があります。 そんな話。

キチッと説明をする

1回来てくれた患者さんが、悩みを解決するためには継続治療が必要なことが多いでしょう。
しっかり通ってもらうためには、説明をうけ、納得・同意・決意してもらう必要があります

もちろんそのためにホームページでも十分語ります。
それを問診でもします。
治療中にもします。
アフターカウンセリングでもします。

「あなたの悩みを解決するには継続治療が必要です。なぜなら・・・・だからです。具体的な期間とペースは・・・・・です。この期間を通っていただくことで・・・・・になれます。一緒にがんばってみませんか?」というような感じで勧めます。

あくまで「当院はこう考える」「最適な提案」です。
納得・決意してほしいわけですからね。
ゴリゴリと「絶対また来い!」みたいなのはNGです(笑)

まとめ

具体的にどういうトークをするかは書きませんでした。
人によってそこも異なりますしね。

ただしこのように鍼灸院の仕組みを構築すると、月商45万円は行くはず(と私は考えます)。
もちろんちょっと時間がほしいですが、3ヶ月もあれば機能してくるでしょう。

最後に
この仕組みづくりに欠かせない一番の基礎の基礎は、やる気、です
やってやるぜ!という思いがあれば、まぁほとんどのケースで上手くいくはずだし、40万50万のレベルはスーッと通っていくはずです。
100万円いっちゃってもおかしくないです。

なにぶんその「やる気(マインドセットというやつですね)」が一番厄介な存在な気がします。
それは私自身にも言えます。
自覚しづらいものなのですよね。自分のやる気って。

それを知るのは行動を振り返ることかもしれませんね。
心が行動に出ていることもありますから。
やる気あり!と言いつつ、暇な時間にyoutube見ているだけだとアウトでしょう。
短期的にはどこかでがむしゃらになる時期はあります

それを突破したら長期的には、オンとオフのバランスに気をつけて安定継続したいものですね。
がんばりましょう。

プロフィール
この記事を書いた人
めしたけ

首都圏のベッドタウンで鍼灸院をやっています。
鍼灸師キャリアは約20年。
短期の繁盛(=成功)よりも、安定継続(=失敗しない)を目指しています。
3人の子育て中のシングルファーザーでもあります。
開業・経営・生活全般など、あれこれ書きます。

めしたけをフォローする
鍼灸院経営おカネの話
スポンサーリンク
めしたけをフォローする
鍼灸院経営とひとり親生活のハナシ

コメント