鍼灸院店舗にセコムを検討したが断念したハナシ

鍼灸院経営
スポンサーリンク

鍼灸院の防犯を考える

鍼灸院の夜間(自分がいない時間帯)の防犯を考え、防犯対策の巨頭・セコムさんに見積もり依頼した話を書きます。

防犯にはいくらかかるのか?
全く知識がなかったので知りたくなりました。

ウチの鍼灸院は貸店舗です。
ひとり鍼灸院なので小さな店舗(12坪ほど)です。
売上もたかが知れてますし、夜間に金銭はおつり程度しか置いていないし、常備品も鍼とお灸くらいなので貴重品と呼べるようなものもほぼありません。
カルテなどは自分にとって「貴重品」ですが、盗難対象にはならないでしょう(笑)

ですので、防犯体制の確立を至急希望!などではなく、あくまで後学のため。
ざっくりいくら?程度で構わなかったのでネットで調べられたらそれで良かったのですが、セコムさんはホームページに金額は書いてないです
「まずは見積します」的な案内のみ。

ですので、まずは見積り申込みフォームに店舗の状況などを書いて送信。
簡単な大まかな見積もりが出ればいいや、くらいの気持ちでした。

そしたら後日、折り返しの電話がありました。
「現場を見ないと見積もりが出せないので一度うかがわせてほしい」と。

まぁたしかに。
でも、そこまで本気度は強くなかったので、わざわざ営業時間内に対応するのもなぁ…とちょっと躊躇していたら、「では、休みの日にでも勝手に店の外から中をのぞいて見積書を出しますね」と提案されたので、了承しました。
ウチの店舗は入口がガラスでできていて、シャッターは格子状シャッターなので、休みの日でも中はのぞけます。

ではそれでお願いします。
…と言ったまま、この件はすっかり忘れていました。

見積もりがくる

それからどのくらい経ったでしょうか。
2週間くらい??(…よく考えると遅いですよね(苦笑))
ある日突然、セコムの担当者が見積り抱えて来院しました

その内容。

【防犯と火災監視サービス】
・出入口(前後2ヶ所)に扉や窓のこじ開けを監視するセンサー2基。
・部屋全体を覆えるように人体の熱で侵入者を感知するセンサー2基。
・煙探知器を天井に1基。

少々分かりづらいかもですが平面図。
セコム

なるべく経費をおさえたいとは伝えておいたので、以上のシステムを提案されました。

【費用】
・月額1万円
・初期工事費2万円
・5年契約(5年以内だと解約金要)

5年契約に注意が要りますね。
期間内の解約金が最大で29万円になります(時間が経つごとに減っていく)
期間の縛りを設ける商法は売り手に有利で買い手には厳しいんですよね…。

セコムを使うなら自宅兼店舗

(5年間使い続ければ解約金は考慮しなくてもよいので、)実質的には月額1万円を払い続けるメリットがあるかどうかになります

結局、今回は断念しました

その理由は、守りたいモノの量と抑止力に1万円は高いから、です

セコムさんを使う一番のメリットは「抑止効果」だと思っています。
「セコムマーク」をつけることで、「お、ここはセキュリティがしっかりしているな」と思わせて、盗難などを未然に防ぐ効果です。
実際にピッキングなどで侵入されてしまえば、狭い店内ですから5分10分で十分にあちこち見て回られちゃうから、警察なり警備員が間に合うとは思えません(完全に勝手な推測ですが…)。

同時に、先にも書いた通り、店舗内にはさほど貴重なものがないので、そのために毎月1万円はかけ過ぎと判断しました。

月1万円あればもっと有効な施策に使えるし、内部留保しておいたっていいわけです。
セコムマークに月1万円はキツイなぁ…というのが正直なところです。

また、セコムには保険も付加できます。
盗難や火災で被害が出た場合の保障です。
でも、私の場合その手の保険は貸店舗を借りる際に強制的に加入させられているので不要です。

…と言う訳で、売上の少ないひとり鍼灸院の貸店舗には高価な装備である、というのが結論でした。

ただし、これが自宅兼店舗だったらおススメになります
先ほどの見積もりは、「防犯(侵入)と防火のみ」でしたが、監視カメラなども別にありますので、夜間の侵入者や放火対策として良いでしょう。
家族がいる自宅ならセキュリティにお金をかける価値がありますし、それが経費になるわけですから一石二鳥です。

今回はセキュリティの相場観を確認出来て勉強になりました。

多彩なサービスで24時間365日見守るセコム・ホームセキュリティ

プロフィール
この記事を書いた人
めしたけ

首都圏のベッドタウンで鍼灸院をやっています。
鍼灸師キャリアは約20年。
短期の繁盛(=成功)よりも、安定継続(=失敗しない)を目指しています。
3人の子育て中のシングルファーザーでもあります。
開業・経営・生活全般など、あれこれ書きます。

めしたけをフォローする
鍼灸院経営
スポンサーリンク
めしたけをフォローする
鍼灸院経営とひとり親生活のハナシ

コメント