スマホカード決済Spuareの新型カードリーダーがイイ感じ

鍼灸院経営
スポンサーリンク

クレジットカードのスマホ決済Square

以前、鍼灸院でクレジットカードのスマホ決済をするならSquareの一択で決まり、という記事を書きました。

鍼灸院のスマホ決済(クレジットカード決済)はコレ一択!
クレジットカード払いの導入を「面倒だから」と敬遠している鍼灸師さんには、「ぜひ簡単だから始めてみて」と言いたいです。 私もこれまで15年以上も「現金払いのみ」を続けてきました。 でも、患者さんのためになるなら・・・と始めてみたのですが、今では8~9割の患者さんがクレジットカード払いです。

そのSquare(スクエア)から、新型のカードリーダーが出ました。
早速導入したのでその使用感を書きます。

新型カードリーダー

新型カードリーダーの購入費用は7,980円ですが、既存の利用者には無料配布されます。
新規に始める方も無料で始めることが出来ます。
【新規限定】今だけカードリーダー代が実質無料に!

まずはこのような箱で届きます。
カードリーダー1

箱を開けるとこんな感じ。
カードリーダー2

カードリーダー3

・新型のカードリーダー(ICカードを読み取る機械)
・磁気カード読み取り用の機械
・充電用USB接続コード
・説明書

至ってシンプルです。

カードリーダー4
あとは新型カードリーダーを充電すればOK(充電しながらでも使えます)。
磁気カード用の機械はイヤホンジャックに差し込むだけ(充電不要)。

使ってみての感想

機械が大きくなり、数が増えた

旧型のカードリーダーは新型の磁気カード用リーダーを大きくしたような形でした。
カードリーダー5
旧型は、ICも磁気も機械ひとつで出来たのは良かったです。

今回の新型は機械がふたつになったので少々管理が面倒と言えば面倒です。
まだまだ磁気カードを使っている人も少なからずいますので欠かせません。

磁気カードの読み取りが改善

ただし、旧型の磁気カードの読み取りが非常に悪く、上手くいかないと20回も読み取り行動をしてようやく認証、なんてこともありました。

お客さんも目の前で何度もカードを切る行為をされると気分の良いものではないですよね!?
「こいつ大丈夫か?俺のカードでなんか悪さしてないか?」って。
ですので正直、磁気カードが来ると「うわ、ちょっと面倒」と感じてしまいました。

新型になり、磁気カードの読み取りが向上しました。
スッと1回で読み取りOKだったことも少なくありません。

ウチのような鍼灸院の会計は、さほど急ぎのことは少ないですが、これは結構大きな改善点ですね。
バタバタしやすい業態の方には嬉しい変更ではないでしょうか。

ICカード読み取りは微改善

ICカードの方の機械は、もともとさほど不満を感じていませんでしたが、以前よりより認証までの時間が短縮された感じはあります。
時短は何でも嬉しいです(笑)

今回はイヤホンジャックではなく、Bluetoothで接続します。
機械関係に疎いので、こういう変更でも若干ストレスもありましたが、やってみればノン・ストレス(笑)
モバイル端末のBluetoothをONにして、カードリーダーのボタンを押すだけでした。

あ、あと、カードが読み取り認証されるときに音がするようになりました。プーって。
いかにも機械でチェックしましたよという感じで悪くない、かな(まぁ些細なことです)。

充電の問題の改善も大きい

旧型のカードリーダーは別途充電した後に使い始めるのですが、夕方や夜にいざ使おうと思うと「充電不足で使えない」なんてこともありました。
充電不足になると、一旦イヤホンジャックから外して、充電し直してからじゃないと使えないので、常にどのくらい充電が残っているのかが分からないのが不安要素でした。

新型も同じように使うのですが、プラス充電しながらでも使える、というのがいいですね。
いざとなったら、充電コードに差し込んで使えます。
その際もモバイル端末とは切り離されているので、別々に動けるのも良いですね。

まとめ

価格が7,980円になり導入ハードルも上がったように感じましたが、既存も新規も無料で手に入るので、実質的な導入ハードルは低いです。
機械が大きく二つになったことをのぞけば、いろいろ改善されているので、ますます使いやすくなりました。

現在うちの鍼灸院では8割くらいはカード払いなので、Squareにはお世話になっています。

この新型カードリーダーがさらに「電子マネーにも対応予定」とのこと。
その辺にも期待したいですね。

鍼灸院で回数券販売している人なら、Squareの採用がおススメです。

個人事業主でもOK!事業の業種、形態、規模、または法人・個人にかかわらず、カード決済が導入できます!

プロフィール
この記事を書いた人
めしたけ

首都圏のベッドタウンで鍼灸院をやっています。
鍼灸師キャリアは約20年。
短期の繁盛(=成功)よりも、安定継続(=失敗しない)を目指しています。
3人の子育て中のシングルファーザーでもあります。
開業・経営・生活全般など、あれこれ書きます。

めしたけをフォローする
鍼灸院経営
スポンサーリンク
めしたけをフォローする
鍼灸院経営とひとり親生活のハナシ

コメント