鍼灸業界にもYouTubeの時代が来る!

鍼灸院経営
スポンサーリンク

鍼灸院、猫も杓子もYouTubeの時代が来る!?

今回はYouTubeがホットである、という記事を書きます。

その理由は、
・SEO対策に有効
・情報量が多く、動画特有の情報を載せられる
・読むより観るが受け入れられている
・まだみんなやっていない

…と言ったところです。

以下に簡単に解説していきます。

SEO対策に有効

検索上位を目指すのは、自分の院を知ってもらって選んでもらうために有利だからです。
周辺の院と比較されるなかで、見てくれる人が多いのは重要になります。

そのための装置として一番機能するのが「ホームページ」です。
「ホームページが集客には欠かせない」ということで鍼灸院にHPは必須です。
この基本は今後もしばらくは揺るがないでしょう。

以前だとHPに「ブログ」を加えて書くことでブランディングというか、スタッフの人間性を知ってもらう、なんてのもありました。
趣味の活動や子供のことなんかを書いたりして、地道に力を入れていた人も少なくないと思います。
HPとは別にアメブロなどの別サイトを使っていればいいのですが、Wordpressなどだとブログも簡単に組み込めるので一緒のドメインで運用している鍼灸院さんも多いでしょう。
昨今のSEOでは、そういった「日常を描いた記事」はマイナスになってしまうことも少なくありません。
SEOを考えるうえで、ホームページは相変わらず優先事項でいいでしょう。

そして「HP以外でSEOに貢献できる媒体がないか?」となったら今はYouTubeです。

TwitterやFacebookは投稿の中身自体はSEOとして機能しません。
どんなに良いつぶやきをしてもSEO的には役立たず、どんどん時間軸にうずもれていってしまうので、目に見える形の資産にはなりません。
もちろん大勢フォロワーがいるなど、そのSNS内で強者になれるならそれもひとつのパワーでしょうが、街の一介の鍼灸師にはなかなか難しい事だと思います。

YouTubeは「観るブログ」です
アップする動画がブログの投稿記事のように機能します。
またHPとは別ドメインだし、ブログにありがちなコンテンツ重複の心配はないしでSEO的に有効に機能します。

情報量が多い

「アナウンサーは1分間で300字前後を目安にする」と言いますので、5分の動画なら1500字程度かと(単純計算ですが)。
5分程度の動画なら簡単に撮ることはできますので「しゃべる動画」の方が「書く記事」よりも量産は可能ではないでしょうか。

また、院内風景や技術などは「絵」で見せた方が一瞬で伝わることもありますし、文字換算できない情報量が動画では伝わります。

時代は読むより観る

高速通信とスマホの普及で動画もサクサクが当たり前になりました。
この流れは今後も続くでしょう。
すでに時代全体が「読むより観る」になってきていますので、動画発信は時代の要請に応えると考えられます。

まだ流行っていない

YouTubeに力を入れるうえで、まずは先進的な鍼灸院の事情を知ろうと、動画検索をしてみました。
しかし、正直、めぼしいチャンネルに巡り合えず。
もちろん、私なんかでは及ばないレベルにいる人もいますが、あくまで少数。
あとは4~5本の動画を投稿してあとは放置、みたいなのが多数です。

…というか、そもそも動画発信している鍼灸院自体がものすごく少ないです。
目茶目茶がら空き状態です。

感想

私自身YouTubeを活用しきれていないことから、探索が始まりました。
「鍼灸院業界のYouTube事情はどうなっているの?」と調べてみると、結果、がら空き。
それがまだ開拓されていないからなのか、そもそも需要がないからなのか…正直分かりません。

ただし少なくともSEO対策として有効ですので、SNSに力入れるならYouTubeに力入れた方が有益だと言えます

よし、これからはYouTubeだぜ!

でもどんな動画を撮ったらよいものか…。
いやはや、ホントここですよね。

鍼灸院チャンネルでの動画レベルはまだまだ低いですが、世の中的には素人動画もレベルが上がってきています。
観る方も目が肥えてきているわけです。
やった方が良いのは分かるけど何をどうやったらよいかが、まだ自分自身定まっていません。

とりあえずは、「ホームページを作る時と同じ発想」でいいということは分かります。

「誰に伝えるか?」を決めて、「結果的にそれを見た私(視聴者)にどういう良い事があるの?」に応える内容を届ける

これですね。

まだまだ模索中ですが、方向性を決めて進めていきたいです。
ちなみにそのために、人生で初めてパワーポイントを使い始めました(^^;)
そんなヨチヨチ段階の私。

一緒に頑張りましょうね!

プロフィール
この記事を書いた人
めしたけ

首都圏のベッドタウンで鍼灸院をやっています。
鍼灸師キャリアは約20年。
短期の繁盛(=成功)よりも、安定継続(=失敗しない)を目指しています。
3人の子育て中のシングルファーザーでもあります。
開業・経営・生活全般など、あれこれ書きます。

めしたけをフォローする
鍼灸院経営
スポンサーリンク
めしたけをフォローする
鍼灸院経営とひとり親生活のハナシ

コメント