【危険】訪問治療なら自動車保険の「使用目的」を間違うな!

おカネの話
スポンサーリンク

自動車保険には「使用目的」がある

自動車を使って訪問鍼灸マッサージをしている鍼灸師も少なくないでしょう。
雇われていても会社の車を使うのではなく自家用車を使用していたり、自営業で自家用車を使っている人は、自動車保険の使用目的を確認してほしいです
場合によっては、事故の際に保険が出なくなってしまうこともありえます。

自動車保険には、契約するとき「使用目的」を申告します。
使用目的の申告は、自動車保険加入時の契約者の告知義務になります。

使用目的は3種類。
「業務使用」「通勤・通学使用」「日常・レジャー使用」です。

これらを区別する理由は、使用目的によって運転機会や走行距離が異なり、これにより事故に遭うリスクが変わるため、保険料に差をつけるためです。

使用頻度が高いほうが、保険料も高くなります。

日常使用 < 通勤使用 < 業務使用

…という順番です。

※以下に3つの使用目的ごとの説明をしますが、保険会社により微妙に定義が異なるようですので、最終的にはご自身の加入されている保険会社の定義を確認ください

業務使用

定期的に継続して仕事用に車を使用する場合です。
例えば自営業者が作業現場へ向かう場合に利用するなどです。
使用頻度では、週5日以上、または月15日以上業務にて使用する場合は「業務使用」になります。

通勤・通学使用

業務使用ではないものの、通勤・通学に利用している場合です。
使用頻度では、週5日以上、または月15日以上通勤や通学で使用する場合は「通勤・通学使用」になります。
※ご家族を駅や学校まで送迎するのに使用している場合は、保険会社によって判断が異なりますので、自分の保険会社を確認です。

日常・レジャー使用

業務使用、通勤・通学使用のいずれにも該当しない場合です。
週末のお出かけなど日常生活での利用用途で日数の制限などはありません。

嘘の使用目的で契約しているとどうなるか

保険料を安くしたいからと言って、虚偽の申告をするとどうなるのでしょうか。

万が一事故があった時は、保険会社や調査会社が使用実態を調査することになっています。
その結果、使用用途が虚だったと分かると、保険金が支払われまなくなってしまいます
必ず正確な申告を行いましょう
用途の選択に困ったときは保険会社に相談しましょう。

もちろん、
「日常使用」契約だったが、たまたま大雨の日に通勤のための車を使用していて事故にあったような場合は、問題なく保険が出ます。
使用目的は、その日にどう車を使っていたか、ではなく、普段どのように車を使うかの申告だからです。

車で訪問鍼灸マッサージする人の「使用目的」は…

以上の説明からもわかるように、訪問治療に出向く頻度によって契約が変わることがわかります。

●週5日または月15日以上、車で訪問治療に出向く人は「業務使用」です
…と言うと、週4回コンスタントに訪問していたら業務使用ですね。
週3回だとセーフ、かな。

●業務使用に該当しなくても、週5日以上または月15日以上、家から治療院まで通勤用に使っていたら「通勤使用」です
これまた、週3回ペースならセーフですね。

●家と治療院が兼用の場合、業務使用にならなければ、「日常使用」でOKです

契約の途中からでも使用目的は変更できますので、実態と合っていない使用目的で契約していることがわかったら、早い時期に変更してください。

以上、車の保険内容にも注意を払いつつ、事故が起きないのが一番大事ですので、気を付けて運転してくださいね!

プロフィール
この記事を書いた人
めしたけ

首都圏のベッドタウンで鍼灸院をやっています。
鍼灸師キャリアは約20年。
短期の繁盛(=成功)よりも、安定継続(=失敗しない)を目指しています。
3人の子育て中のシングルファーザーでもあります。
開業・経営・生活全般など、あれこれ書きます。

めしたけをフォローする
おカネの話
スポンサーリンク
めしたけをフォローする
鍼灸院経営とひとり親生活のハナシ

コメント