鍼灸保険の施術管理者の最新情報【2020年9月】

鍼灸師・鍼灸学生
スポンサーリンク

施術管理者とは

鍼灸マッサージにおける医療保険(正確には療養費)の不正請求対策として、指導監督する仕組みを導入することが考えられました。
そのために、療養費を請求できる鍼灸師を登録することになりました。
それが「施術管理者」です。

鍼灸保険を使いたい鍼灸師は「施術管理者」になる必要があります。
(※施術所に一人なので、複数の鍼灸師がいる院ならだれか一人だけでよい。)

療養費と施術管理者については以前書きました。

療養費の施術管理者になるには|鍼灸の保険2
受領委任制度が始まり、いまは保険施術してなくても2020年中に「施術管理者」になっておく方が良いでしょう。 面倒かもしれませんがやる価値はあります。 2021年以降になると実務経験+研修に行かなければいけません。 2日間の時間と、参加費用と会場まで交通費が、もったいないないと言えばもったいないです。 ※全て勉強と思えばもったいなくはないのですが…。

その時はまだ研修についての情報が出ていなかったので、今回はその続きです。

施術管理者に必要な書類は申請時期によって異なります。

●2020年中に申請すれば、基本的に「申請書」だけで済みます
実務経験と管理者研修は不要です。

●2022年以降だと「申請書」「実務経験期間証明書」「施術管理者研修修了証」が必要になります
(中間の2021年は実務経験と研修修了を後回しにでき、施術管理者になった後(1~2年以内)に実務経験証明と研修修了証明をだせばよい(移行措置ですね)。)

では、この実務経験と研修とはどのようなものか解説します。

実務経験とは

要点を書いていきます。

【必要な期間】
1年間の実務期間が必要。

【実務を積む場所】
保健所に開設届を出している鍼灸院での勤務が必要。

ポイント
「保健所に開設届を出している院」ですので、保健所に届け出ていないリラクゼーション店舗や、柔整で届けている整骨院で働いてもカウントされません。

【勤務形態】
常勤・パートなどは問わない。

【勤務していることの証明】
その院で業務している鍼灸師だと保健所に届け出ていること。

ポイント
鍼灸院の院長は、鍼灸師を雇ったら保健所に「業務に従事する施術者」として届け出ることになっています。
用紙は「施術所開設届出事項変更届出書」(長ッ!)。
パート勤務の鍼灸師などは、自分の届けが本当に出ているか確認が必要かもしれませんね。
今回の実務経験のカウントは、保健所に「ここで働いてますよ」と届け出ている期間が1年あるかどうかです。

【資格ごとの実務が必要】
勤務院が鍼灸専門院だったらマッサージの実務経験としてはカウントされない。
この場合、マッサージ師の施術管理者になるにはマッサージ院で別に1年働く必要があります。

【複数の院で働いた場合】
A鍼灸院に半年勤務後、B鍼灸院に半年勤務した場合は、合算して鍼灸の実務1年とできる。
ただし、半年間A鍼灸院に勤めながら同時期にB鍼灸院にも勤めるダブルワークしていた場合は、鍼灸師としては「6ヶ月」としてカウント。
しかし、半年間A鍼灸院に勤めながら同時期にB鍼灸マッサージ院に勤務していた場合は、鍼灸は6ヶ月で、マッサージも6ヶ月とカウントできる。

【一緒に働く人も重要】
1年間の実務経験ある鍼灸師がいる院で働かないとカウントされない。

ポイント
たとえば、卒業後すぐに開業した院長と一緒にスタートアップの1年働いてもその期間は実務経験にカウントされない。

施術管理者研修とは

研修は「16時間、2日間以上の講義による研修」で、これをうけると「修了証」がもらえます。

開催される場所と日時は要チェックです。

研修のスケジュール

2020年9月1日より研修受講の申し込みが開始しました。

参照:東洋療法研修試験財団HP
http://www.ahaki.or.jp/operation/op_index.html

●土、日及び祝日を使用し連続した2日間で合計16時間
●費用は23,000円
●今年度は基本はオンライン(ZOOM)で開催(会場での参加も可能)
●1回あたり最小開催人数30人で定員100人
研修要綱

●開催日時
1)2021年1月10・11日 会場:呉竹鍼灸柔整専門学校(横浜校)
2)2021年1月30・31日 会場:呉竹医療専門学校(大宮校)
3)2021年3月20・21日 会場:森ノ宮医療学園専門学校(大阪)
4)2021年3月27・28日 会場:中和医療専門学校(稲沢市)

※1回目・2回目の申込みは2020年9月1日(火)~25日(金)まで
3回目・4回目の申込みは2020年10月1日(木)~23(金)まで

●申し込み方法

① 申し込む
希望する回の「申込書請求」をダウンロードし、必要事項を入力後、メールで送信する。

② 入金と申込書の郵送
住所に届く「受講申込書」の記入および受講料の入金をする。
受講申込書に振込書控え、写真用台紙に証明写真を張り付けのうえ、免許証または免許保有証の写しとともに財団に郵送する。

③ 申込手続き完了
上記②の提出及び入金確認をもって申込手続が完了する。

まとめ

そもそもあなたは保険を使って施術をする気があるのか?という事ではあります。
100%ない!ということだったら、この療養費関連の記事は不要ですので読むだけ無駄(笑)

ただし、今は使っていないけどいずれ可能性はあるのだったら、今年(2020年)のうちに施術管理者になっていれば「研修は不要」です
かなりお得です(^^♪
ひとり鍼灸院を営んでいる鍼灸師さんなら、集める書類もたかが知れていますし、記入することもほとんど簡潔です。
是非、今年中に申請です(^^)/

ただし、来年以降に持ち越す方は、まずは研修の申し込みが必要です
今のところオンラインのようですので、ネット環境と時間さえ確保できれば面倒がらずに申込みがおススメです。
23,000円はでかいけどね…(-_-;)

鍼灸の療養費の使われ方は「訪問スタイル」で伸びています。
治療院内ではさほど伸びていない気がします。
…というのも、鍼灸院のサイトを色々見ても「保険やっています」というところがずいぶん減った感じがするからです。
以前はもっと鍼灸院でも保険適応が多かった気がするのですが…。
純粋に院数が増加したから相対的に少なく見えるだけでしょうか??

今は院内メインでも「保険での訪問鍼灸」というカードを持っていたい場合は、施術管理者になっておくと良いですよね。

鍼灸の保険(療養費)制度は、今だいぶ過渡期です。
この受領委任制度が始まったことで逆に、ある保険者は受領委任だし、ある保険者は償還払いだし、と混乱が加速しているようです。
どこに向かうか分かりませんが、しがない個人経営の私はいろいろなバックアッププランを用意しておきたいと思っています。
ガンバりましょう(^^)/

プロフィール
この記事を書いた人
めしたけ

首都圏のベッドタウンで鍼灸院をやっています。
鍼灸師キャリアは約20年。
短期の繁盛(=成功)よりも、安定継続(=失敗しない)を目指しています。
3人の子育て中のシングルファーザーでもあります。
開業・経営・生活全般など、あれこれ書きます。

めしたけをフォローする
鍼灸師・鍼灸学生
スポンサーリンク
めしたけをフォローする
鍼灸院経営とひとり親生活のハナシ

コメント