鍼灸院

スポンサーリンク
鍼灸院経営

【鍼灸院】コロナウイルスで経営不振になって気づいたこと

売上が急減した月があったけど、結局、鍼灸院はコロナの影響をさほど受けていないのでは!? いかがでしょうか? しかし、 何とかやり繰りできているとしても、コロナはやはり大きな衝撃でした(まだ現在進行形ですが…)。 開業鍼灸師の私も自分なりに考えました。 今回は、コロナで経営不振になって気づいたことを書いてみます。
鍼灸師・鍼灸学生

鍼灸保険の施術管理者の最新情報【2020年9月】

施術管理者とは 鍼灸マッサージにおける医療保険(正確には療養費)の不正請求対策として、指導監督する仕組みを導入することが考えられました。 そのために、療養費を請求できる鍼灸師を登録することになりました。 それが「施術管理者」です。 ...
鍼灸師・鍼灸学生

療養費の施術管理者になるには|鍼灸の保険2

受領委任制度が始まり、いまは保険施術してなくても2020年中に「施術管理者」になっておく方が良いでしょう。 面倒かもしれませんがやる価値はあります。 2021年以降になると実務経験+研修に行かなければいけません。 2日間の時間と、参加費用と会場まで交通費が、もったいないないと言えばもったいないです。 ※全て勉強と思えばもったいなくはないのですが…。
スポンサーリンク
鍼灸師・鍼灸学生

療養費の受領委任制度について|鍼灸の保険1

2019年1月より受領委任制度が始まっています。 どのような制度なのかを解説します。 受領委任制度を導入している保険者に保険請求するなら「受領委任」を使わない手はありません。 まずは自分(鍼灸師)が「施術管理者」として登録手続きしましょう。
鍼灸院経営

新型コロナ(COVID-19)にかかっても収入を補う方法

新型コロナ(COVID-19)の感染拡大の懸念されます。 自分が感染すれば、しばらく閉院=売上がゼロになります。 経営的に考えてこれは結構厳しいことです。 まずはバックアップ手段として「所得補償保険」加入をお勧めします。 あとは、自分がかからなくても「ゆるく患者数減少」する危険もあります。 その対策などについて考えてみました。
鍼灸師・鍼灸学生

ブラック治療院「あるある」と労働基準法

治療院はブラックなところが多い。 給料が異様に低い、休みがない、長時間労働、保険に未加入などなど。 多くの勤務鍼灸師は「仕方ないこと」と思っていますが、法律ではきちんと守られているので、まずはその知識は持っておきましょう。 一方、院長先生も人を雇用することがいかにシビアなルールで運用されるべきことを知りましょう。 知らなかったでは済まされない事態も当然あり得ます…。
鍼灸院経営

売上減少の鍼灸院が廃業(閉院)前にしてほしいこと

ただでさえ平均月商が低いのに、月の15日を回ったときにいつもの1/3とか1/4しか売上がなかったら、超ビビりますよね。 以前の自分もそんな経験を何度となくしてきました。 正直、しびれます。 今回は、短期的な売上ピンチではなく、継続的な売上不振で「廃業もやむなし」という考えが頭をよぎっている鍼灸師さんに向けて「もうひと頑張りしてみませんか」という内容を書こうと思います。
鍼灸院経営

【鍼灸院】ホームページを作ったら次にすること

ホームページ作りもそれなりに大変な作業ですが、終わったからと言って、すべて準備完了ではありません。 ホームページ自体のメンテナンスに加え、ホームページを見てくれる人を増やす意味でも、口コミサイトやMEO対策をして、少しでも多くの人の目に触れるような取り組みが必要です。
おカネの話

鍼灸師も知っておこう、確定申告しなくてよいケース

開業したらお金関係を責任をもって行わなくてはけません。 最終的には「確定申告」を行っていくわけです。 ただし鍼灸師は、鍼灸学校時代や勤務時代に「経理」について学ぶ機会はほとんどないかと思います。 今回は多くの人が開業後に初めて触れるであろう「確定申告」についてを解説します。 場合によっては確定申告しなくてよいケースもあるので、しっかり学んでほしいです。
鍼灸院経営

鍼灸のみ師でも稼げる!ただし大事な3つがあれば…

治療院業界でよく聞く売上目標は「一人治療院で月商100万円」です。 実際、この数字が「鍼灸だけ師」で達成できるのか?と言えば、当然答えは「達成できます」。 ですので、ネットなどで「そんな売上いくわけがねぇ!」というコメントがあってもネガティブになる必要はないです。 では、誰でも彼でも月商100万に到達できるのかと言えば、これは答えは「ノー」です。 今回は月商100万円を作るひとつの概略を書いてみます。
スポンサーリンク